石野貴之~ただでは転ばない努力の杖

石野貴之~2021年初SGクラシック制覇も大スランプの理由【2】最終回 - 競艇コラム

SGクラシックを優勝するも、A1キープが危ぶまれていた大スランプ中の石野貴之。

期末までの最終節、ボートレース津で開催された『津PR第1戦チャンピオン大集合!』に勝率6.08で乗り込んだ石野貴之は、節間成績22411111で優勝戦にコマを進めた。予選は2位だったが準優で波乱が起き、優勝戦は石野が1号艇になった。

どっかで聞いたことある話やなぁ…
(わからない人は、今年のクラシックを思い出してみよう!)

優勝戦は、準優での波乱を演出した藤山翔大がチルト+0.5で3カドから捲りを決めて優勝。石野は6着に敗れた。

とは言え、節間5勝を上げた石野。クラシックで優勝した時に、「A2でグランプリに行きます」なんて言ってたけど、しっかり最後まで諦めずに勝率6.27でA1ボーダー6.20をクリアし、今期を締めくくった。

スポンサーリンク
チムリー
Posted byチムリー