石野貴之~2021年初SGクラシック制覇も大スランプの理由【2】最終回

石野貴之~2021年初SGクラシック制覇も大スランプの理由【1】 - 競艇コラム

昨年から今年まで続く石野貴之の大スランプの焦点は、F休みやSGの出場履歴ではなく、何と言っても勝率だ。

前の記事に書いたように、瓜生正義との比較では、石野の方が大きな舞台で戦う機会が多かった。とはいえ、石野の方が1点以上も勝率が低いのは通常は考えられない。SGは点増しだし、何と言っても、SGでも好成績を収めてきたからこそその地位にいるというのは、誰から見ても明らかだ。

ではなぜ今、考えられないような勝率になってしまっているのか。

ここで、「Fが原因でSが行き切れず、思うようなレースが出来ない説」があるが、それは少し違うと思う。石野は前からSにそこそこバラつきはあり、平気で.30はあるし、逆に0台を連発することはない。F持ちであろうがなかろうが、STに大差はないので、S行き切れずというのは違う気がする。

Fをしたからレースが消極的にになり、着順が極端に悪くなったかというと、それも違う。石野は節間に6着を引くことはままある。それが実は瓜生との大きな違いで、瓜生は大敗が少ない。それは2人のレーススタイルの違いを表している。

スポンサーリンク

石野貴之は、ピンロク選手とは言わないまでも、ここぞという時にS決めて捲くりたいタイプ。一方、瓜生正義も攻めることはあるが、2着3着も手堅く取ってくるタイプだ。

このレーススタイルの違いから、6着を取る回数が知らず知らずに多くなっていった結果、そのような勝率になってしまったのではないか、と私は考える。ではその6着が増えた原因は何かというと、①ペラが当たっていない、②エンジンが出ない時の諦めの気持ちへの慣れ、③攻めてキメたい焦りからくるレースのチグハグさ、④怪我などの健康不安、⑤家族なども含めた心配事、のどれか、あるいは複合したものなのではと思う。

ただ、石野貴之はクラシック優勝後のインタビューで、不調の原因は解っていると言っていた。

それが何なのか語られることはなかったので、こうして憶測が憶測を呼んでいるのだが、どうにか復活してまたグランプリを獲ってほしい。そしていつか、この事は何が原因で、どうやって立ち直ることができたのか、植木通彦さんのインタビューで語ってほしいと思う。きっとファンも勇気付けられることになるだろう。

石野貴之の期末までの出走は、現在、ボートレース津で開催されている『津PR第1戦チャンピオン大集合!』で、4月26日が最終日。A1には一歩届かずとなりそうだが、最後まで注目したい。
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 石野貴之~2021年初SGクラシック制覇も大スランプの理由【2】最終回 - 競艇コラムSGクラシックを優勝するも、A1キープが危ぶまれていた大スランプ中の石野貴之。 期末までの最終節、ボートレース津で開催された『津PR第1戦チャンピオン大集合!』に勝率6.08で乗り込んだ石野貴之は、節間成績22411111で優勝戦にコマを進めた。予選は2位だったが準優で波乱が起き、優勝戦は石野が1号艇にな...

    2021.05.01 (Sat) 01:31 | ジュテームとガッデムとボートレース