SGグランプリ2020@平和島の振り返り【2】2014年白井英治の忘れ物からの数珠繋ぎ

SGグランプリ2020@平和島の振り返り【1】ここから始まる平和島グランプリ数珠繋ぎ - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース

2014年の茅原悠紀の優勝の時、1号艇だったのが白井英治。このときの優勝という忘れ物を取りに来たと言わんばかりの白井は今年、今村豊さんの引退もあり、今村さんのなしえなかったグランプリ優勝という夢も背負いながら1stからの参戦。

そういえば、今村さんが引退した徳山G1を優勝したのは西山貴浩だったなぁ。

そんな白井は、初戦からみんなの注目を集めるよい舟足。スリットの行き足から伸びがよく、Sで覗いていく感じでした。1Mで捲っていくレースが見たかったのですが、いつも差し。トライアル2nd最終戦は捲りをブロックされ、中途半端なターンで膨れて結果5着。回り足の問題だったのかよく分かりませんが、攻めきれなかったことが悔しい結果となりました。

そこで優出したのはもう1人の山口支部、寺田祥。寺祥と新田雄史は舟足は目立つことはありませんでしたが、そつのない走りで優勝戦に駒を進めた2人でした。

寺祥の優勝戦は3コース。前付けにきた松井繁の内でコースを死守し、1Mは外マイ、2Mは冷静に松井を差して2着。賞金王まであと少しでした。そんな寺祥の娘は今、ボートレーサー訓練生。養成所で父のレースを見ていたのでしょうか。

スポンサーリンク

父の威厳を見せたのは松井繁も同じ。娘がミス日本のファイナリストになったと専ら話題の松井は、3年ぶりにグランプリの舞台に帰ってきました。

やはりこういう貫禄のある選手がいないと面白くないですよね。若手が台頭してきているだけでなくて、昔でいう野中和夫さんのような人が混ざってるだけで、ボートレースのオールドファンも盛り上がります。平和島は苦手と言っていましたが、そこは王者の経験値の違いを見せ、トライアル1stから優勝戦まで駒を進め、さらに3着でメダル獲得となりました。

DSC_0047.jpg

【3】へ続く
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ↑↑↑ 泣き虫王子、健在。 SGグランプリ2020@平和島の振り返り【2】2014年白井英治の忘れ物からの数珠繋ぎ - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース JLCの中継で桧村賢一さんが言っていました。 「2度もグランプリを取ったのだから、そろそろ王者のように称号が付いてもいいのじゃないか」 そう、もちろん、優勝した峰竜太についてです。確かに、グランプリ優勝してなくても称...

    2020.12.23 (Wed) 00:40 | ジュテームとガッデムとボートレース