SGグランプリ2020@平和島の振り返り【1】ここから始まる平和島グランプリ数珠繋ぎ

DSC_0044.jpg
↑↑↑
「今年から優勝戦も枠番抽選になりました」という冗談を飛ばした西山貴浩の5日目の勝利者インタビュー。抽選の仕草で手がぐるぐる回っています。っていうか、私はBBCトーナメントを見ていて、グランプリの最後もそれでいいんじゃないかと思っていました。

2020年のグランプリの舞台は平和島!

思い出すなぁ~あの茅原悠紀が6コースから優勝した2014年。あのときは茅原が優勝すると、始まる前から思っていて、その証拠写真がこのブログに残ってるくらい個人的に超思い出。さてその茅原も今年トライアル1stから参戦していましたが、惜しくも次点で2nd行きを逃しました。

2014年から始まった現在のトライアル1st・2nd制、茅原は1stからの参戦だったにも関わらず優勝しました。しかしその後は全て2ndから参戦の選手が優勝しており、優勝戦に進む1stからの選手でさえ1人か2人。しかし今年は実に4人も1stからの勝ち上がり。これは平和島マジックでしょうか?!

そのうち西山貴浩・平本真之・松井繁の3人のエンジンは1stからよく見えました。

スポンサーリンク

唯一SG優勝経験のないお祭り男の西山を応援したかったけど、2本あったイン逃げはどちらもターンマークを漏らしており、2コースから捲るならまだしも、差しとなると厳しいと思っていました。

行き足、ターンの出口の押しはものすごく魅力だったので、それこそ6コースなら面白かったかもしれませんけどね。

【2】へ続く
スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • SGグランプリ2020@平和島の振り返り【1】ここから始まる平和島グランプリ数珠繋ぎ - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース 2014年の茅原悠紀の優勝の時、1号艇だったのが白井英治。このときの優勝という忘れ物を取りに来たと言わんばかりの白井は今年、今村豊さんの引退もあり、今村さんのなしえなかったグランプリ優勝という夢も背負いながら1stからの参戦。 そういえば、今村さんが...

    2020.12.21 (Mon) 23:30 | ジュテームとガッデムとボートレース