宮島ボートレース企業団などの大型寄付も、ちょっとした舟券もみな社会貢献活動♪

今月3日に宮島ボートレース企業団は、広島県などに1億5千万円を寄付すると発表しました。

寄付の対象地域は、広島県、広島市、呉市、安芸高田市で、新型コロナウイルス感染拡大防止にかかる地域の医療や経済に役立ててほしいとの思いから寄付をされたそうです。

今年4月には、選手や施行者を含めたボートレース界の各種団体から、日本財団を通じて6億円の寄付がありました。

それとは別に、福岡の川上剛選手が呼びかけたボートレーサーの有志の寄付は、約200名より1041万5千円にも上りました。

他にも、施行者や選手会支部が地方自治体へ直接寄付しています。

私たちボートレースファンは、コロナの前だって少なからず、あちらこちらの舟券を買い、様々な地方への寄付をしています。儲かっている人は……さておき(笑)私は地元の宮島より、得意水面の若松の北九州あたりに多く貢献してるかもしれません(*≧∪≦)

スポンサーリンク


だからと言って、オレ様のお陰!なんて横柄になってはいけません。神様は見ています。そこは謙虚に、「ちょっとだけ社会のためになっていたらいいな♪」くらいの気持ちでいたいものです。楽しみながら社会のためになるボートレースは一石二鳥ですね(*´∀`人 ♪

明日優勝戦が行われるSGグラチャン@宮島も無観客の中、売り上げが絶好調!全国のファンの皆様、広島のためにありがとうございます<(_ _)>

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー