無観客開催はミッドナイト“競艇”を実現する材料になるのか【2】

前回の記事からの続きです。

前回の記事はこちら
↓↓↓

無観客開催はミッドナイト“競艇”を実現する材料になるのか【1】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース


ミッドナイト競艇実現を考えるとき、無観客でレースを行うことは、問題ではなさそうだ。

では、21時から23時までのレースをインターネット投票のみで発売するとなると、売上は一体どのくらい見込めるものなのだろうか。

今の無観客開催での売上について、2020年3月に行われたSGクラシック@平和島は68億円。2019年が104億円だったので、前年と比べて35%減である。

しかし、2020年4月に行われたG1競帝王決定戦@下関の売上は64億円となり、クラシックに迫るほどの売上だった。

また、同じく2020年4月に開催されたG2モーターボート大賞@戸田の売上は23億円であった。

開催の売上は、グレード、斡旋メンバー、デイレースかナイターレースか等の理由で大きく違う。一概に比べることは出来ないが、2019年度の場別の売上ランキング1位から7位は全てのナイターレース場で占められている。

スポンサーリンク


無観客開催による売上の落ち込みは、観客を呼べないためボートレース場のPRが不足した点や、また外出自粛や休業要請という消費縮小による点が、少なからず影響しているだろう。

しかし、ナイターレースの下関G1の売上が健闘したことからすると、PR不足や自粛ムードのせいには出来ない。

とにかくナイターのレースは売れるということなのだ。

開催時間がナイターよりも遅くなったとしても、ナイターから引き続き舟券を購入するファンを取り込めるとすると、ある程度の売上は見込めるかもしれない。

実際、ミッドナイト競輪の売上はよく、黒字である。

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 前回の記事からの続きです。 前回の記事はこちら ↓↓↓ 無観客開催はミッドナイト“競艇”を実現する材料になるのか【2】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース 21時から23時という時間帯で開催したとすると、ミッドナイト競輪のように時間的制約から、1日当たりのレース数は少なくなる。 ということは、1日に走ることのできる選手の数も限られてくるので、斡旋できる選手の数も少なく...

    2020.04.16 (Thu) 15:52 | ジュテームとガッデムとボートレース