こんなレース、しょっちゅうあるじゃん。ただただ悔しいよ、勝っちゃん

松本勝也選手のことは、私がボートレースを知るようになったすぐ後の12年くらい前から、すでに知っていました。当時私は住之江の近くに住んでいたので、兵庫の選手は大阪の選手に次いで身近な存在でした。

レーススタイルは、諦めないしぶといレースが特徴で、2着3着の舟券からは外しにくい選手でした。

今節舟足は全然出てなくて、いくら勝っちゃんでも6コースはちょっと遠すぎると思っていました。でも1マークは最内を差し伸びてきて、2マークで先マイ!

うわ~勝っちゃんやわ!2着!
これは買われへんわ~


と叫んだ人は私以外にもたくさんいたと思います。

スポンサーリンク


2着を狙って全力でレースしてたのに。振り込んで多重事故なんてよくあるでしょ?頑張ってたのに、何で勝っちゃんがそんなことにならなければいけなかったの?こういう事故がある度に、神様は意地悪だなと思うのです。

だからこそ、悔しい。
本当に悔しいです。


松本勝也選手
レースは終わりましたよ。
お疲れ様でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • いろいろあったんで… と準優勝戦の勝利者インタビューに涙ぐみながら答えた太田和美選手。 他でもない地区選ですから、そこに参加している選手やスタッフ全員が、多かれ少なかれ松本勝也さんとの関わりがあったことでしょう。そこでの事故ですからその後のレースは、弔い合戦のようで、悲しみと張り詰めた空気が伝わってきました。見ているこちらも胸が締め付けられそうでした。 太田和美選手は松本勝也さんと登番...

    2020.02.21 (Fri) 16:59 | ジュテームとガッデムとボートレース