西川昌希~八百長で現金受け取り逮捕~独自解説

元ボートレーサーの西川昌希は、2019年7月2日にボートレースびわこで行われたG3イースタンヤング最終日、故意に自分の着順を下げ、親族が儲けた600万円のうち、半分の300万円を見返りに受け取ったとして、2020年1月8日逮捕されました。金に困った西川昌希から八百長を持ち掛け、またレースに不正にスマホを持ち込んでいたとされ、2020年3月19日の初公判で認めています。

さらに他にも18ものレースで故意に負け、合わせて3425万円の見返りを受け取ったとして、2020年1月28日に再逮捕されました。インからわざと負けた三国のあるレースでは、3連単396・5倍の高配当でした。

2020013123520538c.jpg
【毎日新聞 2020年1月29日掲載】

さらに、容疑者である親族の男は、2016年2月ごろから2019年9月ごろの3年間に、合計で6億円の掛け金に対して3億円の配当を受け取っていたとされ、3億円の利益を得ていたということです。これについて親族の男は、所得を隠し所得税を脱税したとして、所得税法違反で追起訴される見込みです。

これが捜査の対象となったレースの1つです。八百長を行っていたのは4年も前の2016年頃からだそうです。
↓↓↓


私は西川昌希の引退について、前編と後編に分けて2つの記事を書きました。この終わりに八百長疑惑があることは少し触れましたが、私はあまり信じていませんでした。しかし、こうして八百長をやっていたとして逮捕されたということは、それが原因で引退したと言わざるを得ません。

西川昌希が電撃引退するも、どうしても書きたかったことがある。【前編】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース


西川昌希が電撃引退するも、どうしても書きたかったことがある。【後編】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース



スポンサーリンク


記事では、西川昌希の生い立ちにも触れました。一緒に逮捕されたのは親族です。こういう環境で育った人が、年収の高いボートレーサーになると、どんな人が寄ってくるか。遠い親族だと言って近寄ってくる人、ヤクザ暴力団関係、反社会的勢力。こういった人たちが西川昌希を利用して金を集めようとするでしょう。しかし西川昌希もまた、競馬に金をつぎ込み困ったところ、そういう人を利用してやろうと思ったのです。利用されていることも知らずに。

ハッキリ言ってしまうと、育ちの悪い人は犯罪を犯すことが悪いことだとは思わない、すなわち社会的モラルを教育されていないのです。そういう人を事前に見抜くためには、競艇学校の入学試験で、心理テストや面接を厳しく行い、入学の段階から厳しく選別するとともに、競艇学校での道徳教育を強化すべきなのではないかと思います。

引退したとき、西川昌希に対して怒りを抱いていた選手もいるようです。辞めて幕引きを図るのではなく、八百長が事件として明るみに出てほしいと思っていたに違いありません。これで、より公正かつ安全で、選手たちも気持ちよくレースができるボートレース界に戻ってほしいと思います。

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー