ジュテームとガッデムとボートレース

Archive2019年12月 1/2

初めてづくしのグランプリ!その初めてをまとめてみた【3】

No image

グランプリ出場者初シリーズ優勝!グランプリ1stで敗退した6選手は、次の日(トライアル2nd初日)からシリーズ戦に合流して、シリーズの優勝を掛けた争いになります。今年シリーズ回りになった選手のうち、柳沢一選手はすでにトライアルでの妨害で賞典除外、茅原悠紀選手と今垣光太郎選手は途中帰郷、徳増秀樹選手はFによりそれぞれ戦線を離脱しました。残りの太田和美選手は惜しくも19位で予選突破はなりませんでした。唯一予選突...

  •  -
  •  0

初めてづくしのグランプリ!その初めてをまとめてみた【2】

No image

初ナイターグランプリ!ナイターSGは年々少しずつ増加傾向です。桐生、蒲郡、若松、住之江、丸亀以外に2017年、2018年と立て続けに下関と大村もナイター開催を開始し、ナイターを開催する場は全部で7場になりました。ナイター場が増加したことは、ナイターSG増加の1つの要因です。このうち住之江は、特に冬場は節によっては昼開催をすることもあるので、今までグランプリも昼開催だったのですが、今年は初めてナイターで行われる...

  •  -
  •  0

初めてづくしの2019グランプリ!その初めてをまとめてみた【1】

No image

令和初グランプリ!これまあ時代ですから、いつかは変わるもの。平成になったときも、グランプリ(賞金王決定戦)はありました。平成初グランプリはこんなメンバーでしたよ。みんな異名のあるレジェンドばかり!括弧の中にその異名も書いてみました♪平成元年(1989年)第4回賞金王決定戦@住之江1着 福永達夫 (マムシ)2着 黒明良光 (黒い弾丸)3着 今村 豊 (艇界のプリンス)4着 野中和夫 (モンスター)5着 中道善博 (タ...

  •  -
  •  0

石野貴之~SGグランプリ初優勝おめでとう!~優勝は感謝。多くの人のお陰です!【後編】

No image

石野貴之選手がグランプリを取ったという興奮が冷めやらぬ私チムリーは、まだまだ石野選手の話をしたいと思います。【前編】トライアル2nd3戦目の続きです。石野貴之~SGグランプリ初優勝おめでとう!~優勝は感謝。多くの人のお陰です!【前編】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース石野のカド捲りが決まった!いつも冷静な市岡さんが心なしか興奮した様子で実況しているように聞こえましたね。地元で石野選手の成...

  •  -
  •  0

石野貴之~SGグランプリ初優勝おめでとう!~優勝は感謝。多くの人のお陰です!【前編】

No image

石野貴之選手がグランプリを取ったという興奮が冷めやらぬ私チムリーは、まだまだ石野選手の話をしたいと思います。石野貴之選手が自らの調整力と作業力で優勝を勝ち取ったということは、昨日このブログでお伝えした通りです。石野貴之~SGグランプリ初優勝おめでとう!~明暗を分けたレースのない2日間からの調整と作業力 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレースしかし単純にそれだけではない、何人もの人を巻き込んだ...

  •  -
  •  1

石野貴之~SGグランプリ初優勝おめでとう!~明暗を分けたレースのない2日間からの調整と作業力

2019年のグランプリに賞金1位と2位で乗り込んできた毒島誠選手と吉川元浩選手は、今年を代表する選手です。吉川選手は今年中盤に少し低迷した時期があったものの後半は盛り返しましたが、毒島選手は今年もコンスタントに活躍していた印象です。ならば今年はようやく毒島選手が金のヘルメットを被ることになるのか、注目が集まっていました。今年2019年SGボートレースメモリアルとSGボートレースダービーの連続SG優勝があった毒島...

  •  -
  •  1

予想☆SGグランプリ@住之江の優勝戦~植木通彦以来の偉業達成へ

No image

優勝戦に出場するメンバーも分からないまま、枠番を掛けた戦いもあり、非常に混戦模様のトライアル2nd3戦目でした。まずはこれを振り返っておきたいと思います。11R終わってみれば1-3-4という瓜生が逃げたレース。瓜生-桐生-白井だったですが、なぜに白井があんなに売れていなかったのかが不思議でした。桐生があんなに出てるのに。12R井口が逃げると思っていたのに、本番で進入が変わり、逃げられないかもと思ったも時すでに遅し...

  •  1
  •  0

グランプリ直前のG1の結果はグランプリにどんな影響をもたらすのか~優勝者を振り返り【後編】

No image

SGチャレンジカップが終わってグランプリ出場者が確定してから、グランプリが始まるまでの間に、G1が3つ開催されました。グランプリ直前のG1の結果はグランプリにどんな影響をもたらすのか~優勝者を振り返り【前編】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース【前編】からの続きです。2つ目は三国周年G1北陸艇王決戦。これを優勝したのがBBCトーナメントで復調気配だった吉川元浩選手。鬼足モーターで4コースからの捲...

  •  -
  •  0

グランプリ直前のG1の結果はグランプリにどんな影響をもたらすのか~優勝者を振り返り【前編】

No image

SGチャレンジカップが終わってグランプリ出場者が確定してから、グランプリが始まるまでの間に、G1が3つ開催されました。1つ目はPG1のBBCトーナメント@平和島。これを制したのは田村隆信選手でした。田村選手は10月の地元鳴門周年を初優勝してから、次の若松周年も優出、11月には蒲郡周年も制覇するなど、秋からのリズムの良さは凄い勢いを感じます。また、今年SGクラシックとオールスターのSG連覇を果たして序盤から勢いのあっ...

  •  -
  •  1

予想★G1海の王者決定戦@大村の準優勝戦~昨日の三国の反省も聞いて下さい

超難問の優勝戦でした昨日の三国G1。優勝戦なのに買ってはいけないレースというほど、2着3着が全く読めず絞れませんでした。私の予想はまず、吉川元ちゃんの舟足が強烈だったし、優出インタビューでも自信を持っていたので、元ちゃんの頭。それと深川さんの思い切った前付けに内2人が巻き込まれ、カド想定だった岡崎の頭を予想したのです。だから舟券予想は3=4。そして本番は152/435でカドが元ちゃんに。1マーク捲っていく元ち...

  •  1
  •  0