ジュテームとガッデムとボートレース

Category競艇コラム 1/21

女子選手がSGを獲るために必要なこと〜鵜飼菜穂子と峰竜太の共通点〜

No image

鵜飼菜穂子さんが引退レース直後のインタビューの中で、女子選手に活を入れる場面があった。鵜飼菜穂子さん。女レジェンド、引退【2】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレースそのインタビューを今の女子選手のどれだけの人数が見たのか、見た選手がどう感じたのかは定かではないが、少なくとも、「もっと成績を伸ばしたい」「賞金をたくさん稼ぎたい」「SGに出場したい」という意識の高い選手は、気合いが入ったに違...

  •  -
  •  0

平高奈菜☆待ってたよタイトル奪取~クイーンズクライマックス優勝おめでとう!

私が平高奈菜選手のことを書いた直近の投稿は、2020年6月26日のこと。5月にあったSGボートレースオールスターについての記事を遅ればせながら投稿したものでした。そこには事故や怪我がなく常に好成績を収めて女子勝率ナンバーワンになったことにも触れました。平高奈菜をこんなに応援したのは初めて~ボートレースオールスター@住之江を振り返る - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレースもう記事を書いた後だったので...

  •  -
  •  0

鵜飼菜穂子さん。女レジェンド、引退【2】最終回

鵜飼菜穂子さん。女レジェンド、引退【1】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース申し訳ないことに、ボートレース歴14年の私は、正直言って鵜飼さんの凄さを知らない。見ていない。しかし未だ破られていない記録として、女子王座決定戦(現・レディースチャンピオン)の3連覇がある。1990年 多摩川1991年 蒲郡1992年 戸田当時の鵜飼さんは、勝って当たり前だと思って毎レースに臨んでおり、お客さんもそれを期待...

  •  -
  •  1

鵜飼菜穂子さん。女レジェンド、引退【1】

2020年秋、ボートレース界のレジェンドと女レジェンドの2人が相次いで引退した。2人とも39年間走り続けた48期。しかもこれで48期の選手は誰もいなくなってしまった。2938鵜飼菜穂子さんボートレース界の女レジェンドだ。1981年3月に選手登録。デビュー前に蒲郡での練習中に大きな怪我をして、デビューが半年遅れた。ボートレースで最も有利なのはインコース。早く同期に追いつきたくて、デビュー節で3コースに入ったところ、レ...

  •  -
  •  1

SGグランプリ2020@平和島の振り返り【3】峰竜太に称号を~グランプリ2度目の制覇おめでとう!

↑↑↑泣き虫王子、健在。SGグランプリ2020@平和島の振り返り【2】2014年白井英治の忘れ物からの数珠繋ぎ - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレースJLCの中継で桧村賢一さんが言っていました。「2度もグランプリを取ったのだから、そろそろ王者のように称号が付いてもいいのじゃないか」そう、もちろん、優勝した峰竜太についてです。確かに、グランプリ優勝してなくても称号じゃないけど?ホワイトシャーク(←荻野滋夫...

  •  -
  •  0

SGグランプリ2020@平和島の振り返り【2】2014年白井英治の忘れ物からの数珠繋ぎ

SGグランプリ2020@平和島の振り返り【1】ここから始まる平和島グランプリ数珠繋ぎ - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース2014年の茅原悠紀の優勝の時、1号艇だったのが白井英治。このときの優勝という忘れ物を取りに来たと言わんばかりの白井は今年、今村豊さんの引退もあり、今村さんのなしえなかったグランプリ優勝という夢も背負いながら1stからの参戦。そういえば、今村さんが引退した徳山G1を優勝したのは西...

  •  -
  •  1

SGグランプリ2020@平和島の振り返り【1】ここから始まる平和島グランプリ数珠繋ぎ

↑↑↑「今年から優勝戦も枠番抽選になりました」という冗談を飛ばした西山貴浩の5日目の勝利者インタビュー。抽選の仕草で手がぐるぐる回っています。っていうか、私はBBCトーナメントを見ていて、グランプリの最後もそれでいいんじゃないかと思っていました。2020年のグランプリの舞台は平和島!思い出すなぁ~あの茅原悠紀が6コースから優勝した2014年。あのときは茅原が優勝すると、始まる前から思っていて、その証拠写真がこの...

  •  -
  •  1

今村豊さん、ありがとうございました。

2020年10月8日、2992今村豊さんが選手を引退されました。1981年5月徳山でデビュー。デビュー戦でいきなりの1着を飾り、このデビュー節で初優出3着。そのデビューした徳山の地で、2020年9月28日G1ダイヤモンドカップ最終日5Rでの5着が引退レースとなりました。59歳、A1級でしかもG1競走で選手生活に幕を下ろすという、まだ第一線で活躍されていた今村豊さん。選手生活39年5カ月の生涯勝率は7.76という高勝率。SG優勝は7回...

  •  -
  •  0

和田瞳さん卒業@芦屋ピットレポートMC~10年お疲れ様でした!

和田瞳さんはボートレース芦屋のピットレポートMCとして、解説者の川口憲一さんや藤本太幸さんとともに、朝の顔を務めていらっしゃいました。この度、2020年8月31日BTS高城オープン22周年記念の最終日をもって退職されました。芦屋はモーニングレース発祥の地で、モーニングができた2010年から10年間勤め、自称モーニング娘。と語っています(笑)感動の最後のご挨拶と新生モーニング娘。!?のご紹介です♪↓↓↓モーニングレースが...

  •  -
  •  0

フライングは誰も得しない。

No image

今村豊選手はフライングについて、「返還するからいいだろうと言う選手がいるが、フライングをしたらもうそれでレースが壊れてしまっているので、全てのお客さんに迷惑をかけている。だからフライングはよくない」とおっしゃっています。私はそれにファン目線で付け加えたいことがあります。ファンの皆さん、フライングがあったレースで儲かったことはありますか?誰かがフライングをするという展開を予想して、舟券を買いますか?...

  •  -
  •  0