ジュテームとガッデムとボートレース

ペラ調整の日々に全速まくり差しのスパイスを加えた逸品。チムリー特製パンチの効いたボートレースの味をお楽しみください。

月刊BOATBoyは休刊するけど、BOAT RACE ビッグレース現場レポートは続くよ!

月刊BOATBoyは6月11日発売の7月号をもって休刊というニュースが、なぜかボートレースチケットショップ市原が5月9日に投稿したFacebookの記事で明らかになりました。

それから改めてJLCの『坂上忍のボートレースに乾杯』で黒須田守編集長がゲスト出演された回を見ましたが、この方本当に人生波瀾万丈で、でもボートレースが大好きで、それが伝わってきただけに、今回の休刊も人間ドラマを見ているようで悔しくなりました。

ボートレースに乾杯出演時は、ボートレース場にお客さんは来ないし、売上も伸びてはいない、強いて言うとナイターは良いという、暗い時代でした。

それがたった2~3年でボートレース界は変わりました。若いファン層や女性ファンを増やし、SGのスタンドはたくさんのお客さんで埋まる。売上も2019年は前年比+15.9%と伸びていて勢いがありました。

そこへ、このコロナ騒動。ボートレースは無観客での開催を継続できていますが、取材には制限があり、思うように記事は書けない事情があるようです。新しい情報が瞬時に入ってくる時代もあって、書籍としての存続も難しくなったのもあるのかもしれません。

しかし、それだけではないでしょう。

スポンサーリンク

西村美智子~悲願の初優勝おめでとう!~みんな思った意外すぎる初優勝

2020年4月19日行われたマンスリーBOATRACE杯宮島プリンセスカップ@宮島の優勝戦で優勝したのは、香川支部の95期、西村美智子選手でした。



5号艇5コースからスタートした西村選手は、4号艇4コースの谷川里恵選手の捲りに乗っての捲り差しを決め、それはもう劇的な優勝戦!

ボートレースファンなら誰もが西村美智子選手の名前は知っている。それほど有名な選手です。そんな選手なので、「西村美智子ファンクラブの会員です!」(ファンクラブがあるかどうかは知らないけど笑)というくらい西村ファンか、夫の木村光宏選手しか、未だ優勝したことがなかったなんて知らなかったと思います(笑)

私ももちろん知らなかった一人だし、ネット上にも、「初優勝なの?!」という声多数!!

よくよく調べてみると、西村選手はA1になったことはなく、出産のためにB2だったことはあるけど、それ以外は全てB1かA2。それなのにボートファンでも初優勝が意外という感想を持つくらいの印象がある選手なんですよ。

だからね、西村美智子選手!
みんなファンはそれほど実力があると思って活躍を期待していますから、これからもママさんレーサーで大変だと思いますが、頑張ってくださいっp(*^-^*)q

スポンサーリンク

古川舞4354電撃引退も北海道移住でカフェやってます♪

古川舞選手と言えば、2014年にJLCの『ビューティフル☆ドリーマー』という番組で、声優に挑戦したり、ボートレース多摩川の公式キャラクター静波まつりのテーマソングっぽい歌を自主制作CDで発売したり、コミックマーケットに出展するボートレース多摩川のブースでコスプレで写真撮影会をしたりと、なんともアニメ路線のオタクの人でした。

その古川舞選手が2020年4月17日に突如引退を発表し、その後、北海道に移住してカフェを経営しているそうです。

ツイッターを見ると相変わらずオタクみたいですけどね。元気で頑張っておられるようで何よりです♪

スポンサーリンク

村田修次~積み重ねた研究の結晶~マスターズチャンピオン優勝おめでとう!

2020年4月26日に行われたマスターズチャンピオン@津の優勝戦で、見事人気に応えての逃げを決め優勝したのは、東京の村田修次選手でした。

このマスターズチャンピオンの中では新兵で初出場、最年少優勝を決めました。

G1はおよそ13年ぶり2回目の優勝だそうですが、私はもっと優勝していると思っていました。周年記念にはよく出場していて活躍している選手ですからね。

そんな村田選手は、とても研究熱心で経験に基づいた理論を持ち、理にかなった整備や調整をされるそうです。そのため、長年積み重ねた研究成果は、多くの引き出しとして活かされ、その結果がこの優勝だったのではないでしょうか。

さすがマスターズチャンピオンといったベテランの技術を見せてもらった気がします。

整備力もさることながら、村田選手はターンの技術もピカイチで、『ムラッシュターン』と呼ばれ定評があります。

村田修次選手!
これからもまだまだ活躍を見ていきたいですので、応援しています!o(≧ω≦)o

スポンサーリンク

無観客で35億、うそ72億!!!(←古っ)@蒲郡周年G1オールジャパン竹島特別

昨年度の同G1オールジャパン竹島特別の売上が68億円だったのに、無観客で開催した今年が72億円も売り上げるって、どーいうことー??(笑)

今節の蒲郡は面白かったよ、捲りもまぁまぁあって万舟もそこそこ出たから、毎日飽きなかったよねえ。

……ってそれだけの理由じゃないだろっ!

だって蒲郡はいっつもそんな感じじゃん?実況の高橋アナがユニークなのもいつも通りじゃん。

じゃあ、何がそんなに売り上げを大きくさせたのか。

スポンサーリンク