ジュテームとガッデムとボートレース

ペラ調整の日々に全速まくり差しのスパイスを加えた逸品。チムリー特製パンチの効いたボートレースの味をお楽しみください。

今泉友吾の2着3着はとりあえず買っとけ!

東京支部112期の4759今泉友吾といえば、デビューから7年経っても未だF0の記録続行中で有名ですよね。

平均STは.19と遅めではあるけれど、安定したスタートを決めます。

今村豊さんもよく言われていますが、0台突っ込んでアジャストするよりも、1艇身を全速で通過した方がいい、質の良いスタートだと言います。

Sが少々遅いからといって、決して着は悪くない。その証拠に3期連続A1で、A1が定着しつつあるし、優勝だって6回している。このうち、4回が逃げだが、2回が6コースからの優勝だからスゴイ!なので、今泉に限っては、Sの遅さはあまり気にならない。

勝率を稼いでA1をキープするにはそれなりに着を取らなければいけない。今泉はそんなSなので一撃の1着よりも、2着や3着が非常に目立つ選手です。

まぁそうだね。…と聞き流してはいけません!!

先に述べたように、6コースでも優勝しちゃう選手です!つまり、コース問わず舟券に絡む可能性があるから、舟券を買う方としては困っちゃいます(笑)

直近の優勝戦は、2020年8月2日に浜名湖で行われたバリ勝男クン。杯の優勝戦。この節は4日間開催で、5号艇で優勝戦に乗艇しました。内枠3艇が0台Sを決める中、5コースから.17でしたが、3着でゴールしました。

スポンサーリンク

企画レースでお馴染みのボートレース宮島に新たなご提案です!

ボートレース宮島は、血液型選手権やヘビー級王決定戦など変わり種企画レースを、過去に数々開催しているボートレース場です。

そんな新たな取り組みに積極的なボートレース宮島に、私チムリーからの企画レースのご提案がございます!

それも題して!!

新型コロナウイルス対策支援競走
第1回クラスターズカップ


ボートレース宮島で感染した選手たちを中心にあっせんし、感染者ナンバーワンを決定する…!

売り上げは全額、新型コロナウイルス対策のために寄付される。

どうでしょうか!?

スポンサーリンク

イン勝率2位の徳山でイン28連勝を記録

ちょっと古い話になってしまって非常に申し訳ありませんが、面白かったのでぜひ載せたいと思います(ノ∇≦*)

イン最強水面と言えば!ボートレース発祥の地、ボートレース大村、ですよねー。しかし、それにも負けず劣らずイン強しの水面が、ボートレース徳山です。

そんなボートレース徳山で、2020年5月29日10R~5月31日12R、次の節の初日6月4日1Rまでの、節跨ぎではありますが、連続28レースでインの艇が勝利を収めました!そのうち逃げは、5月30日1R~6月4日1Rまでの連続25Rです。

Screenmemo_2020-07-02-04-04-54.png
Screenmemo_2020-06-01-01-05-55.png
Screenmemo_2020-06-01-01-05-20.png
Screenmemo_2020-07-02-04-05-53.png

スポンサーリンク

渡邉和将が全部悪い。優勝戦21万舟の立役者@若松サンケイスポーツ杯

過激なタイトルにしてしまったので、あえて読みたくないと逃げてしまった人もいるかもしれないけど、まぁそう考える人もいるさと気楽に読んでもらえたらと思います(笑)

渡邉和将という選手は、そんなにレースが上手な選手ではない。1着は並べるけど、競って2着3着を取る印象はない。A1だから購買意欲はそそられるけど、あまり力を入れてヒモ付けは買えない。結構ガッカリさせられる。(昔は上手かったように思ってたんだけど、気のせいだったのかなー?)

その渡邉和将は2020年7月27日、5日間開催で行われたサンケイスポーツ杯@若松の優勝戦1号艇に乗艇した。

データでちゃんと見た訳ではないし、あくまで私の感覚だけど、6日間開催よりも短い開催だと優勝戦は荒れる気がする。舟足が完全に整う前に優勝戦の時がやってくるので、最後に舟足のどんでん返しがあるのだと勝手に理論付けている。

そんな開催なのに渡邉が1号艇。1号艇は競らないじゃんと思うかもしれないが、競るとかどうよりも、逃げるのかって話。渡邉の過去半年間のイン1着率は80%と悪くないが、私が見ているときに限ってFしたり飛んだりするので、低い印象(笑)

とにかく、いろんな要素からこの渡邉はいかに?と思い、注目したこのレース。

本番は何と!…

スポンサーリンク

徳増秀樹★人生で1番濃かった日~SG初優勝おめでとう!!【3】最終回

202007161552291bf.jpg

徳増秀樹★人生で1番濃かった日~SG初優勝おめでとう!!【2】 - 競艇コラム - ジュテームとガッデムとボートレース


2005年にJLCの番組『水神』に取り上げられたとき、G1優出2着が続き、なかなか優勝できない歯がゆさに、原因は自分の甘さだと語った徳増秀樹。

さらなる全体的なレベルアップと、勝負所で心を鬼にすることが必要なんだと話した。

2016年、同じくJLCの『佐山夏子のナッツ・パラダイス♯5』では、徳増が求める舟足の仕上がりについての話があった。

スタートで少しのぞいて、思ったところに入れる、とにかく向く足。

2020年SGグラチャンでSG初優勝したこの節は、どこか精悍な顔立ちに見えたが、きっと気のせいじゃない。伸びは最高級品だったが、回り足もかなり来ている、徳増が目指す仕上がりに見えた。エンジンが早い段階で仕上がり、メンタル的に余裕を持って集中できていたんじゃないかなと思えた。

2010年3月G1浜名湖賞初優勝したときの表彰式のコメントで次のように言った。

華のある選手になりたい。

今やもう十分に華のある選手だ。コース取りも、捲り一撃も、レース道中も魅せてくれる。その徳増が常に意識していることがある。

スポンサーリンク