峰竜太は何を隠していたのか~80走ぶりの6着~

峰竜太が80走ぶりに6着になったのは、2019年6月21日SGグラチャン@多摩川4日目予選最終日の2走目のことでした。

準優好枠を目指しての戦いだった5号艇の峰選手は、展示が枠なりだったが本番3号艇がピット離れで遅れて、4カドになりました。

1マーク攻めきれず、2マークも握って全速マイするも流れて後退。結果6着でゴールしました。

レースを見ている限り、ターンで流れてしまって、その後も艇が前に押す感じが全くなくて後退してしまったように見受けられました。つまり、全体的に舟足が悪かったんだと思います。

峰選手の乗ったエンジンはモーター72で2連対率57.1%。しかし、多摩川のモーターは使い始め4節目。前の2節でこのモーター72は使われていましたが、桑島和宏選手が優出3着と好成績を収めるなど、悪いエンジンでもなさそうな気がします。

スポンサーリンク


ただ、峰選手の好きな調整にはマッチングしなかったとか、前節乗った大瀧明日香選手の調整が残ってたとか何かモーターにあったんだろうと思うのです。もしかしたらボートの方かも知れませんが。

峰選手はレース後、

「レースの失敗。足合わせでは出足がよかった」

と話しています。レースの失敗ではないと思うのですが、峰選手ってきっと、

モーターやボートのせいにはしたくないんだろうな

と思いました。

ちなみに、5着以下を取ったのは78走ぶりだそうです。

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー