矢後さん、チルト積んでくださいよ~!

4月21日に幕を降ろした平成最後のビッグレース、マスターズチャンピオン@宮島。

準優勝戦で予選トップ通過の市川哲也が1マークで振り込み転覆という大波乱レースで、2着に残った矢後剛。

優勝戦に5号艇で出走することになりました。

節間の矢後さんは、エンジン勝率が悪く手応え的にもイマイチな様子だったのですが、本人はボートがいいお陰でここまで来たと話していました。

実際レースを見ていて、矢後さんらしいスタート力と捌きが光っていました。

優勝戦の6枠は松井繁。松井は2日目予選と準優で6枠での前付けを見せています。

ということは優勝戦でも…と思いきや、4号艇には吉川元ちゃん、2号艇に太田さんなのでまぁ行かないだろうと思いました。

じゃあ5号艇の矢後さんは5コースかとなるじゃないですか。つまらん!(笑)

だって矢後さんと言えば、『チルト3度の大捲りからの捌きもできる』という外枠巧者。

ここは宮島。3度積んで一気捲りが見てみたい!!
と期待するも、スタ展見てがっくし。全艇チルト角度-0.5度。フツー。

本番レース。

6号艇松井がちょっと取りに行く格好を見せ、5コースへ。

おおい!矢後さん!6コースやん!

スポンサーリンク


6コースの可能性があるなら一か八かでチルト上げて捲りに行こうよぅ~。

このレース、かつて名人戦と呼ばれたマスターズチャンピオンじゃん。往年の名選手を、往年のファンが期待して見るんじゃん。

だから、矢後剛ってやっぱりこれだよなーってレースを見たかったわけです。

今のエンジンは伸びがつかないから勝てないと言われそうですが、ファンは見たかった。

だからマスターズチャンピオンでは、どの選手にも、昔のレーススタイルを思い出して走ってほしいなーって思います。

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます♪
↓ブログランキングにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
チムリー
Posted byチムリー