展示航走を私はこう見る①ピット離れ

船に繋がれた電動式の係留装置があり、選手から見える位置にある表示機の合図で係留装置が外れます。

選手は、加速レバーを握ったまま、係留装置が外れるタイミングに合わせて体を前方に乗り出して、艇が浮くのを押さえます。

これがピットアウト=ピット離れです。

その善し悪しは、ピットアウトして2マークに向かう途中、誰かが減速するまでの艇の並びに注目します。

舳先がある程度揃っていれば、差はありません。目安としては舳先が1/3艇身以上前に出れば、良いと思います。逆に、舳先が1/3艇身以上遅れるようだと、悪いと思います。

このピット離れの足は、出足の善し悪しの目安になります。

また、1艇身以上出るようであれば、内側のコースを取ることができたりしますので、進入が変わるかもしれません。

そうすると舟券の予想が変わってくるので、注意が必要です。

たかがピット離れ、されどピット離れ。無駄話をしている場合ではありませんよ!吉田さん、ういちさん!(笑)

【まとめ】
◎ピット離れは出足の参考に
◎進入に変化はないか確認


スポンサーリンク

チムリー
Posted byチムリー