平尾崇典と1号艇とフライング@準優&一般2回走りの選手心理

相当古い話になるんですが、スカパーのJLCで放送されている「ブラマヨ吉田とういちの男舟」の#6浜名湖編のレースでのこと。この日は2016年5月31日GⅢSUZUKIスピードカップ5日目。後半3レースは準優勝戦が行われました。

予選トップ通過の平尾崇典は、準優勝戦12R1号艇ですが、一般戦8R6号艇との2回走り。

準優を控えての一般戦8R。
…なんだから、当然こう走るでしょって吉田&ういちは言う。
↓↓↓
『きっと1マークは赤子を抱くように優しく回り、決してボートの上に立ったりしないし、フライングなんてもっての他!』

結果は、なんとフライング!!

フライング後の準優勝戦12R。
…なんだから、当然こう走るでしょって吉田&ういちはまた言う。
↓↓↓
『優勝戦も乗れないんだし、やる気もなくなってS遅れるんじゃね?』

結果は、平尾崇典あっさりのイン逃げ。
想像した選手心理舟券はことごとく裏切られる結果となりました。
じゃあ、じゃあ、平尾さんって本当のところどういう気持ちで走ったの??


「ブラマヨ吉田とういちの男舟 大反省会 後編」で佐藤翼が、そんなときの選手心理を教えてくれました。

一つ一つのレースを全力投球しています。
前売りで買っているお客さんもいるので
期待に応えるため、手は抜けません。



平尾崇典。
目の前のレースはいつも1着を目指して走る。
だから2018年SGグランプリシリーズを優勝する選手なんですね。

ただ、2018年SGグランプリシリーズは優勝したものの、このシリーズもそれ以外でもレースが荒いことがあります。他の艇との接触も多く、なぜ違反が取られないの?と思うこともしばしば。相手が転覆しないからいいというものでもなく、もうちょっと冷静にレースしようよ~、平尾さん。舟券を買う側はそのへん考慮して慎重に買いましょう。

でもね、平尾さん、私は応援してますよ!!o(≧ω≦)o
↓↓↓(過去記事)
平尾崇典選手☆チャレンジから賞金王へ☆.。.:*・°

スポンサーリンク

チムリー
Posted byチムリー

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • Fをしてしまった選手の次のレースは、どうも買いにくいものです。 だって、【選手心理】をちょっと想像すると… ・スタートに自信が持てなくなる ・F2は避けたい ・そもそも節間2回目は即日帰郷になっちゃう ・審判に怒られるのが怖い じゃあ【ファン心理】からすると… ・絶対S控えるでしょ ・捲られてしまってどこにもいなくなる ・3着までになんて絶対来ないよ ということで、ファンはその選手...

    2019.06.28 (Fri) 19:58 | ジュテームとガッデムとボートレース