グランプリ2016の優勝は誰だチムリー予想☆坪井康晴編

今年2016年のSG競走はこの人の優勝から始まった。
坪井康晴選手。2016年ボートレースクラシックで8年ぶりのSG優勝を果たした。

彼のレーススタイルは大変地味なため目立つことはないが、2015年秋から調子は良かった。
2015年秋のGⅠ戦線では3優出1優勝。2016年2月太閤賞も優出してからのクラシック優勝。
それから夏に一旦調子を落とすも、また秋にGⅠを1号艇で優出。しかしまくり差されて4着。
その後、福岡ダービーと大村チャレンジでSG連続優出と、ここへ来てまた調子を上げてきた。

こうやって成績を並べてみたものの、きっとみなさんの感想は「ふぅ~~~ん」でしょう。
書いてる私でも「へぇ~」。でもみなさん「最近なんか優勝戦にいるなぁ」という印象のはず。
こそっと優勝戦にいる、私は味のある選手だと最近思っているのです。

そんな彼が賞金王決定戦の1号艇に乗ったのは7年前の2009年。
調べてびっくり、チムリーブログ第1期傑作選に2本のコラム記事が残されていました。
↓↓↓
瓜生はなぜ差さなかったのか
瓜生はなぜ差さなかったのか-その2

ボートレース記事というにはなんてお粗末なものなんでしょう。しかも傑作選?コラム?!
ボートレース初心者が書いた恥ずかしいものですが、私が初めて印象に残った賞金王でした。
坪井選手って、優勝戦1号艇とかその他も大事な場面で事故をよくしている印象なのですが、
それもなんか憎めないというか、一生懸命レースしているのがとても伝わってくるんですよね。

「今年坪井はリベンジだ」という方も多いですが、私はリベンジというよりも、
坪井選手が勝つ番が回ってきたんじゃないかなぁと思っています。
特に今年、この世代の復活の活躍が目立っていますよね。原田幸哉選手、魚谷智之選手。
中でも、やっぱり地味に頑張る坪井選手を今回はとても応援しています☆.。.:*・°

スポンサーリンク

チムリー
Posted byチムリー