加木郁選手☆優勝戦に乗りました@下関GW

5月8日に行われた下関GW開催の優勝戦に我らが加木郁選手が乗りました!

下関ですから山口の看板選手続々出場する今開催。
2016年後期適用勝率ナンバー1のあの白井英治選手も優勝戦出場しました。
ところが、白井選手はワーストエンジンに苦しめられ、
スタートと気合で乗ってきた優勝戦は3号艇。

あ、ちなみに加木郁選手がどんな選手かわからない人は、記事を読んでください。
↓↓↓
見かけ全速☆加木郁(かぎかおる)3581
ざっくりと言うと、勝率は4点台そこそこで、いつも1Rメンバーで、平均Sは0.20。
エンジンがいいと握って回るけど、エンジンないと差し構えで着落とすレーススタイル。

その加木選手が今節、平均Sが0.12!予選道中オール3連対!
ピット離れ良く、S連れてってくれて、初動の掛りよく、ひたすら握り倒す戦法で準優へ。
準優勝戦2号艇で2コースから差して2着!加木選手のあんな上手い差し見たことない!
差しも通用する抜群のエンジンが相棒で、優勝戦は4号艇になりました。

白井選手、エンジン出てません。3号艇3コースなら握って回るに決まってます。
捲り差しですら絶対ないのです。今節は。
ならば4号艇4コースなら差し一本でしょう。私がその4号艇なら差したいです。
差して頭の展開!でも、加木選手に差しを要求できないでしょ?そこなんですよ。
そうすると白井選手についてって変な握りマイor捲り差し?突き抜けたらいいけど。

ということで、結果本番レースは、その変な捲り差し的な感じの1マークで、
もうインの海野康志郎選手は逃げてるんだけど、バックは2着圏内の最外。
ただ2マークで突っ込んできた永田啓二選手を外マイでかわすのに必死で、
結局大きく膨れて2艇に差されてしまって終了。

ちなみにこのエンジン、勝率は31%で全然ない。
前走者、貞本拓哉選手。貞本選手が前走者のエンジンで動いているやつ見たことない。
なんで動いたんだろ~~?ふしぎ~~~。

最終的に6着になってしまいましたが、私の好きな握って回るレーススタイルが
たくさん見られたので嬉しかったです。これからも活躍期待しています♪

スポンサーリンク

チムリー
Posted byチムリー