大賀広幸選手の休養~復帰までの真実

この私のブログには、2年ほど前だけでなく未だに「大賀広幸」選手について検索して訪れてくださるゲストのみなさまが沢山いらっしゃいます。私が書いた記事(大賀広幸選手ファン待望の復帰@下関)の時点ではファンには伝えられていなかった大変な事実が大賀選手にありました。

大賀広幸選手が浜名湖のGⅠの優勝戦に1号艇で乗りながらもそのレースを最後に約2年もの間レースから遠ざかってしまい、事情の知らないファンや選手の間でさえも引退説が出るほどでした。実は私も噂で、身内に不幸があって復帰できずにいる、なんてことを聞いて、半分鵜呑みにしていたほどでした。大賀選手、本当に申し訳ありません。

JLC(日本レジャーチャンネル)のドキュメンタリー番組「素顔のボートレーサー」で大賀選手の長期休養の真実が明らかになりました。大賀広幸選手はある日突然、股関節の難病「特発性大腿骨頭壊死症」にお襲われたのです。それは、大腿骨頭が壊死して骨がつぶれてしまう病気で、股関節に激しい痛みを伴うというもの。実は浜名湖のGⅠ優勝戦も股関節との痛みを持ちながらのレースだったのです。

難病と闘う療養生活。治るかどうかもわからず先が見えない。家に引きこもっていたそうです。治るかどうかも分からない中、大賀広幸選手は骨を再生する手術に賭けることにしました。結果は…言わずともレースで走っている姿を見ればわかりますよね。今まで通り万全じゃないにしても、レースをすることができるようになったのです。

2013年1月には地元の下関で復活の優勝を飾ります。SGを優勝したこともないのに「SGよりも嬉しいです」と言った表彰式でした。レースで走れる喜び、そして復活優勝を地元で飾れた喜びを一言で表現した大賀広幸選手でした。

療養生活や復帰に向けて心強かったのは、65期の同期の選手や地元山口県の先輩や後輩の存在でした。いろんな人がいろんな形で励ましていたのです。大賀選手の人柄で周りにたくさんの人が集まるのでしょうね。ファンも本当にたくさんいるから、私のブログに検索でゲストのみなさまがやって来るのです。

JLCの「素顔のボートレーサー」はまだ放送中です。息子さんとの感動秘話や療養中の様子などなどを見ることができますので、スカパーで見てみてくださいね。

スポンサーリンク

チムリー
Posted byチムリー