事故パンの山口剛さんへ

だから言ったじゃないですか。今年の目標は「転覆しないこと」と。
↓↓↓
親愛なる山口剛さんへ

何で一節間無事故完走ができないんだぁぁ!!
と叫んだ私の言葉は山口剛選手に届くことはなかった。
そして無事故完走できた節は少なく、事故点が蓄積。

大村のGⅡでエンスト、妨害が続いた後、3日目以降のレースは、
すべて6コースからのレースを余儀なくされる期末勝負がけへ突入することに。

そんな事故パンの山口剛選手はGI高松宮記念@住之江でエースモーターを引いた。
選手紹介で初心に帰ってターンの練習をすると言った剛は、ドリームインタビューで
「今回いいエンジンの引き方がわかっただけでも収穫がありました。」
とまぁ冗談を言っていましたが、
舟足があるときこそ張り切って転覆する剛なだけに毎回冷や冷や見ています。

そんな苦しい状況の中、すべて6コースからのレースだったにも関わらず、
準優勝戦に進出できたのは、エンジンが相当良いからというのもあるけど、
山口剛選手は特に住之江巧者であり、またレースが上手い選手だったんだ
ということに改めて気付かされた。

まだ10月中にSGのダービーを残しているだけに、
本人もファンもドキドキしながらレースに向かう日が続く。

スポンサーリンク

チムリー
Posted byチムリー

Comments 1

There are no comments yet.

チムリー  

ほんっとにドキドキした

福岡SG全日本選手権の2日目。1Rの1号艇をもらった剛。

起こしでスロー3コース3号艇の前本がずっと顔を上げている中、
剛は握りっぱなしでスリットラインに向かう。
2人の艇間はゼロ。いや剛の方がスリット手前で先行。

「ああ、速いよ剛!!!」と思った瞬間、胴体を起こす剛。
スリット手前1艇身ほどだっただろうか。

「あぁ。やってしまったか……」
実況の人が「かなり踏み込んだスタート」と言った。
剛のスタートは.01。

本人はドキドキしただろうか。
いや彼はしていないかもしれない。

2012/10/25 (Thu) 01:26

Leave a reply