ジュテームとガッデムとボートレース

Archive2019年07月 1/3

大盛況!第1回全国ボートレース甲子園を終えてファンも選手も!

No image

全国47都道府県を代表とするボートレーサーが集結する、全国ボートレース甲子園が2019年度から開催されました。ボートレースメモリアルという各ボートレース場を代表する選手が出場するSGが、言わばボートレース界の甲子園と言われていましたが、もっと甲子園的な競走が今年誕生したのです。ボートレース場は全国24場と限られていてその内東京3場、福岡3場など都道府県に偏りがあるので、ボートレースファンが存在するのもボート...

  •  -
  •  0

カド捲り一気これぞ今垣光太郎の真骨頂~ボートレース甲子園優勝戦の振り返り~

石川県代表の今垣光太郎選手、第1回全国ボートレース優勝、おめでとうございます!石川県を代表してしかもこれぞ今垣光太郎というカド捲り一気を炸裂させての優勝!実に迫力のあるレースでしたね♪もうエンジンからコース取りから枠番から何から何まで光ちゃんのパターンにハマり、チムリー予想も会心の出来で完璧に当てました!予想記事の『光ちゃん捲り一気舟券』が見事的中しまして、久しぶりに3連単24,550円という2万舟を当て...

  •  -
  •  0

予想★G2全国ボートレース甲子園@浜名湖の優勝戦

No image

SGとかとは違うお祭りムードのこの競走は明るくて楽しそうでいいですねっ!茅原悠紀選手の舟足が良くなくて(本人は強がって、フツーだと)、茅原選手ももう笑うしかないという感じのやけっぱちで、浜名湖にしかないチルト+2.5にしてみようかな~という始末(笑)今垣光太郎選手は久々にエンジンが出ていて、行き足も伸びも回り足もよくて他の選手もマークする!?大外枠に選手宣誓を立派に務めた地元の徳増秀樹選手がコースを取りに...

  •  1
  •  2

予想★G2全国ボートレース甲子園@浜名湖の準優勝戦

No image

記念すべき第1回全国ボートレース甲子園が浜名湖にて絶賛開催中!でも5日目は台風接近でのために順延になり、最終日は7月29日(月)になります。甲子園といえばもちろん野球ですが、ボートレースでもやっぱり地元や縁のあるところの選手を応援したくなります。選手が県代表として出場しているからこそ当然ですね。ちなみに私は、大阪人の父と山形人の母から生まれたため、石野貴之選手と多田有佑選手を応援しています。多田有佑選...

  •  1
  •  0

好き嫌いすると当たらない。

No image

舟券作戦を考えるとき、私チムリーは選手はもちろんのこと、周回展示と展示タイムをベースに出目を考えます。このとき、選手の好き嫌いをしてしまうと、当たらないんですよねー。ボートレースあるあるですよねー。インの武田光史選手は信頼がないから買えないとか、桐生順平選手が強すぎて憎らしいから買いたくないとか言って買わないでいると、そういうのって来るんですよね。だからと言って、そういう選手を買ったのに来なかった...

  •  -
  •  0

ダンプを仕掛ける

No image

ダンプとは…コーナーで旋回しようとしている先行艇に対して、ハンドルを切らずに土手っ腹に突っ込んでいくこと。「ダンプをする」「ダンプを仕掛ける」などと使います。先行艇がダンプしてくる選手に気付いて避けようとターンが膨らんだところに僅かに艇が接触し、ダンプして来た艇が差すことができれば、ダンプは成功と言えるでしょう。艇が接触することなく、先行艇が逃げた場合は、ダンプを仕掛けた艇は勢い余ってコーナーを大...

  •  -
  •  0

ベタ水面

No image

似ている言葉で『ベタ凪』と言うのがありますが、どうやらダイビング用語のようですね。風や波がなくて鏡のような水面のこと。ボートレース用語の「ベタ水面」も同じ意味です。...

  •  -
  •  0

今垣光太郎と魚谷智之~展示航走を私はこう見る④周回展示【番外編】~

No image

周回展示の直線において、前の艇との感覚が詰まっている原因の一つとして、ターンの仕方によるものがあります。【関連記事】⇒展示航走を私はこう見る④周回展示そこで魚谷智之選手と今垣光太郎選手の展示航走についてのターンについてお話したいと思います。まず、魚谷智之選手。魚ちゃんのターンはとてもきれいなので、エンジンが出ていなくても、バタつくこともなく、良く見えてしまいます。だから魚ちゃんは一般戦では特に前を詰...

  •  -
  •  0

吉川元浩と西島義則~展示航走を私はこう見る③スタート展示【番外編】~

『展示航走を私はこう見る③スタート展示』の記事で、STとか行き足とかうんぬんかんぬん色々見るって書いたけど、結局のところですね…展示と本番ができるだけ同じ隊形になってほしい!っていうのが本心なんですよ(笑)だって「きっと本番もこの隊形になるよね」って確認出来たら舟券の組み立てがしやすいでしょ?当てやすいでしょ?それが違いそうなときがちょっと悩ましい~。でもそれもボートレースの楽しみなのでいいんですけどね...

  •  -
  •  0

着を取りに行く

No image

「着を取りに行く」とは…① 前を走っている選手を必死で抜きに行こうとすること② 無理に1着を狙わずに手堅い着順を狙うこと【例文①】一か八かで着を取りにコーナーで突っ込んだら、相手が流れたのでラッキーでした。★チムリーの徹底解説★1着を取って勝利者インタビューに来た選手がレースを振り返って言った言葉でしょうかね。相手にプレッシャーを与えて、流れたところを差して上手く1着が取れたようです。...

  •  -
  •  0