ジュテームとガッデムとボートレース

Tagグラチャン 1/5

フライング後は買え

No image

Fをしてしまった選手の次のレースは、どうも買いにくいものです。だって、【選手心理】をちょっと想像すると…・スタートに自信が持てなくなる・F2は避けたい・そもそも節間2回目は即日帰郷になっちゃう・審判に怒られるのが怖いじゃあ【ファン心理】からすると…・絶対S控えるでしょ・捲られてしまってどこにもいなくなる・3着までになんて絶対来ないよということで、ファンはその選手の舟券を買いにくくなります。2019年6月21日S...

  •  -
  •  0

峰竜太は何を隠していたのか~80走ぶりの6着~

No image

峰竜太が80走ぶりに6着になったのは、2019年6月21日SGグラチャン@多摩川4日目予選最終日の2走目のことでした。準優好枠を目指しての戦いだった5号艇の峰選手は、展示が枠なりだったが本番3号艇がピット離れで遅れて、4カドになりました。1マーク攻めきれず、2マークも握って全速マイするも流れて後退。結果6着でゴールしました。レースを見ている限り、ターンで流れてしまって、その後も艇が前に押す感じが全くなくて後...

  •  -
  •  0

白井英治と新田雄史〈あのFへの経緯〉~ボートレースは人生の縮図~

No image

あれよあれよいう間に目の前に道ができ、物事が急に良い方向へ加速する事もあれば、知らない間に扉が閉じられていて、気付いたら暗がりに閉じ込められているというのは、人生において誰もが経験することではないでしょうか。2019年SGグラチャン@多摩川は明暗がくっきりと分かれた人生がそこにはありました。これほど運命的でドラマチックな競走はめったにあるものではありません。昨日おとといとこのブログに2回に渡り、優勝者と...

  •  -
  •  0

萩原秀人~信念を持ち常に正論の萩ちゃん「86期のリーダーは俺じゃない」

No image

先日行われた2019年SGグラチャンの優勝者は柳沢一選手でしたが、その同期である85期の萩原秀人選手はそのグラチャンにおいて、柳沢選手よりも先に注目されていました。初日2日目ピンピンで3日目に3着5着ではありましたが、依然注目度は高く、3日目終了時点では8位タイ、はじめちゃんが2位タイでしたが、連勝もあってか萩ちゃんの方がメディアでは高評価でした。4日目予選最終日に、転がり込む形で予選トップになったはじめ...

  •  -
  •  0

柳沢一×原田幸哉×86期~はじめちゃんSG初優勝おめでとう~

2019年SGグラチャン@多摩川の準優勝戦の予想記事に書いたのですが、予選最終日に節間の流れが急に向いていったのが、柳沢一選手でした。私は2019年のオールスターファン投票で、はじめちゃんに1票を投じました。その記事がこちら↓↓↓クラシック前にオールスターの話。ファン投票したのはこの6選手!-------記事から抜粋--------④柳沢一 ←ターンがめっちゃきれい。SG常連になれることを期待。クラシックは予備7。愛知支部の86期...

  •  -
  •  0